介護・医療の求人メディジョブTOP > 転職講座 > 成功する職務経歴書の書き方

介護・医療・福祉業界で転職 成功する職務経歴書の書き方|履歴書が自分の人生の歴史をまとめた書類だとすれば、仕事の歴史だけをまとめた書類がこの職務経歴書です。あなたの転職を成功へ導くための、履歴書の書き方を教えます!

職務経歴書ダウンロード

履歴書では書ききれない仕事の経験を、わかりやすくアピールするのが職務経歴書です。専門性の強い看護師の転職では、この職務経歴書で採用が決まることもあるくらい、履歴書以上にとても重要な書類です。

職務経歴書は履歴書と違い、決められた書式がありません。その分、書き方を工夫すれば、よりわかりやすく、アピールポイントが担当者にしっかりと伝わる書類になります。作成のポイントをしっかりとおさえて、わかりやすい職務経歴書を作りましょう!

職務経歴書作成のポイント

職務経歴書作成のコツ1
具体的に記入!実際にどういった業務を行ってきたのかを簡潔に、具体的に記入しましょう。
数字で伝えられるものがあれば、数値を記入すると良いかもしれません。
職務経歴書作成のコツ2
社内用語・略語は使用しない職務経歴書を見るのは介護・医療の資格を持った人間とは限りません。
専門職だけではなく、誰が見てもわかるように書きましょう。
職務経歴書作成のコツ3
資格は積極的にアピール持っている資格は、積極的に記入しましょう。
直接は使用しない資格でも、業界知識の豊富さ、専門家としての広がりをアピールできます。

  1. 1全体が把握できるように、経歴を要約!

    今までの自分の経歴を簡単に要約して記入しましょう。ここでは個別に実務の詳細に触れなくても大丈夫です。
  2. 2業務内容はできるだけ具体的に!

    勤務先で実際にどんな業務を行っていたか、具体的に記入するようにしましょう。経験・スキルのPRになります。
  3. 3資格や研修は、直接関係ないものも記載し てアピール!
    直接関係する資格だけでなく、認定資格やスキルアップに繋がる研修の修了経験なども積極的に記載しましょう。
  4. 4何を学んだかを記述し、成長性と強みアピール!
    今までの職務を通じてどんなことを学んできたか、自身の強みなどをアピールしましょう。があれば、その旨を添えて記入しましょう。

職務経歴書に関するQ&A

職務経歴書は、必ず必要なのでしょうか?
必須ではありませんが、面接される相手先によっても違います。

しかし必須条件として求められなくても持参すれば更に好印象になることが多くありますので、必要な場合には事前にコーディネーターよりお知らせいたします。

また、このページから職務経歴書のサンプルをダウンロードすることができます。
ぜひ、参考にされてください。
職務経歴書を書いたことがないのですが…
はじめて転職される方や、転職を経験された方でも、職務経歴書を書くのは初めてという方もいらっしゃると思います。
職務経歴書は、今まで働いてきた経験とスキルをアピールするとても大事な書類なのでぜひ書いてみることをおすすめします。
このページから職務経歴書のサンプルデータをダウンロードすることができますのでぜひご活用ください。
また、会員登録された方には、より詳しい書き方の工夫を担当のコーディネーターがアドバイスさせていただきますので、これを機会に会員登録をオススメします。
自己PRが苦手です。職務経歴書の自己PRは書かなくてはいけませんか?
どうしても書かなくてはいけないわけではありません。
ですが、自己PRはご自分をアピールすることができるポイントのひとつですから、ぜひ記入することをおすすめします。
今までどんなことをしてきて、何を学び、これからどんなことをしていきたいか…を書くのが一般的です。せっかくのアピールの場なのですから、使用しないのは勿体ないですよ!

ここでは、ほんの一部のノウハウをお伝えしましたが、この他にも履歴書・職務経歴書の書き方はもちろん、面接の受け方など、あなたの就職活動がワンランクもツーランクもグレードアップするノウハウがたくさんあります。

もっとある!成功率がアップする転職のコツ教えます!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ